走行前にエンジンルームをチェック

走行前にエンジンルームをチェックをすることは教習所でも習った通りエンジントラブルやその他のトラブルを防ぐためにも必要な行動です。特にエンジンオイルの点検についてはしっかりと行うようにしましょう。

万が一オイルが漏れているのに気が付かず走行してしまうと、エンジンが傷む原因になります。エンジンが傷むとそのパーツを交換する費用と工賃が発生しますので数十万円の出費になるという事も珍しくありません。そのようなトラブルを発生させて出費を増やさないためにもマメな点検は必要です。特に走行前の点検は行うようにしましょう。

チェックするもう一つの理由は中に猫が入っていることがあります。猫は暖かいところを好み、中に入って寝ていることがあります。その状態でもしエンジンをかけてしまうと猫がエンジンの回転部分に巻き込まれてしまって、猫が負傷したり死亡することもあり、またエンジンの部品もその巻き込みの関係で壊れてしまうことがあります。エンジントラブルを防ぐのと、猫の巻き込み防止のために乗車前点検を行うようにしましょう。点検を日常的に行っていると小さな変化を見つけることができ、結果的にトラブルを最小限に抑えたり、金銭的な事も最小限に抑えることができます

コメントは受け付けていません。